日本には非常に良い医療保険制度があります。
この医療保険制度は国民全員が加入しており、年収や年齢などの違いに関係なく皆が平等に良い医療を受けることができるようになっています。
こうした医療封建制度の充実は先進国のなかでも稀であり、非常に日本は恵まれていると言う事ができます。
ガンや脳梗塞、心筋梗塞、脳卒中などは手術のほか、その後の後遺症のケアなどにも膨大な時間と治療費がかかってきます。
脳の疾患であると四肢麻痺なども見られ長期間のリハビリ治療も必要になってきます。
しかし医療保険制度があれば非常に安い費用でケアを受けることもできます。
しかし医療保険制度は一部の施術や治療には保険が適応されないケースがあります。
それは歯並び、ホワイトニングなど審美性を高めるだけの美容施術に関しては医療保険制度が適応されず自費治療が基本になっています。
当然美容整形や医療脱毛なども医療機関で行う施術でありながら、医療保険制度はもともと適応されません。
そのため医療保険制度が改正されても、美容整形、医療脱毛、審美歯科などに関しては何ら今までと治療費は変ることはありません。
しかし交通事故などの障害で顔の一部に損傷が見られた場合、生活に支障をきたすと医師が診断した場合矯正治療、インプラント、整形手術に関して医療保険制度が適応します。
また矯正治療に関しても発音に障害が見られたり、咀嚼に問題が見られるような上顎前突症の場合は医師の診断書が発行され医療保険制度が適応するケースもあります。
また医療保険制度が適応できない場合は医療費控除を受けることができます。
このように同じ医療行為でも審美性を高める美容医療か、生活に支障をきたすため医療行為が必要なケースかによって保険の適応範疇が大きく異なってきます。